営業時間10時〜19時 火曜日定休日

『髪質改善、トリートメント、縮毛矯正』髪を綺麗にする技術に特化した美容師が贈る〜美髪情報ウェブメディア〜

恵比寿の【髪を綺麗にする専門家】美髪プランナーのサトウヨウスケです

サトウ

恵比寿の【髪を綺麗にする専門家】美髪プランナーのサトウヨウスケです

サトウ

ヘナで白髪を染めるには【メリットとデメリット】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サトウ ヨウスケ
美容学生時代からプロも参加するコンテストで受賞多数。就職後は海外のヘアショーやカットスクールに参加し、最短スタイリストデビューを記録。また美容学校の外部講師も経験。現在は国内外から通われる多くのお客様の「髪を綺麗にしたい。」という願いを叶えるため、独自の髪質に合わせた技術とヘアケアを提案しサポートをさせていただいおります。また美容師ができるヘアセットではなく、お客様自身が実際に再現可能なヘアスタイルをお勧めし、その人に合わせたヘアセット方法も提案。ライフスタイルに合わせた365日ベストなヘアスタイルをお客様と一緒に創っていきます。

ヘナの基礎知識

ヘナとは植物の一種で、主に日本では『髪を染める』事に使われていて、海外では『タトゥー』として使われる事があります。

特徴をしっかり理解しておくと便利な活用がきっとできると思います◎

今では少なくなっているのですが、まだまだ100%天然のヘナではない『科学成分が入っているヘナ』もありますので気をつけるべきポイントです。

またお勧めできるヘナは『インド産』と『沖縄産』なのですが、それぞれ特徴もありますので最適な物を選んでみましょう♪

メリット

最もダメージが少ないカラー

100%天然でないヘナは通常のカラー剤と変わらないのですが、天然の物ですと『100%植物』ですので科学的成分が一切入っておりません。

よく『ダメージがないカラー』という謳い文句を聞きますが、それは『弊社の過去のカラー剤よりあダメージを抑える努力をしたカラー剤』というものですので、そのような謳い文句とは比にならないくらいダメージがありません。

髪と頭皮にトラブルがある人にも

頭皮が敏感でカラーをするとトラブルが起こってしまう方でも問題なく染める事ができる場合が多いです。

髪だけではなく頭皮への刺激も最小限のカラーになります。

トリートメント効果がある

色素がタンパク質に触れると染まるのですが、カラーで使われるほどですので定着力が高く髪内部に長期間残り続けてくれます。

髪内部に残り続けると傷んでいく成分もありますが、ヘナは残留してもダメージが加速する事はありません。

傷んでしまった髪は内部がスカスカになっているので、この定着力の高いヘナで空洞を補強してあげるとハリコシのある健康的で強い髪に育てる事もできます◎また髪はアルカリ性に傾いていると傷みやすいのですが、酸性に傾けてあげる性質もあります。

藍色系のヘナには育毛効果もある

使用すれば髪が沢山生えてくる程ではありません。ですが極めて微力ながら頭皮に刺激を与えて育毛効果も期待できます。通常の薬剤を続ける習慣をヘナに変えられると頭皮環境は大きく変わります。

デメリット

色の種類が決まっている

基本的に『オレンジ色』と『藍色(青色、アッシュ)』があります。

『藍色』より『オレンジ色』の方が手触りが良くなりやすいので、『藍色』を単色で使用することは中々ないと思います。

『オレンジ色』の染まりを簡単に説明すると、

 

・黒髮黒色(色は変わらない)

・明るいブラウン&暗いブラウンオレンジ色

・白髪オレンジ色

『黒髮→黒』『白髪→オレンジ』ですので、『黒髮の中にオレンジ色の髪があるのも気になる。。』となるケースが多いので、オレンジと藍色を混ぜて使用するとブラウンにする事も可能です。

明るくはならない

カラーとして使用する場合、髪を明るくする力はありません。

一度ヘナをすると『おしゃれ染め』できない

ここでいう『おしゃれ染め』はピンク色、グレー色、マット、ベージュなどのこと。

ヘナの色素は残りやすいので、ヘナを使用した部分に色が残りやすく、その上から『おしゃれ染め』をする色が濁ってしまう場合もあります。

『おしゃれ染め』ができないわけでないのですがお勧め出来ません。ですからもう『おしゃれ染め』をすることはないと思える方にお勧めです。

植物アレルギーの方はできない

『植物アレルギー』という植物を触ると痒くなってしまう場合もあります。事前にパッチテストという少量だけ腕に付着させて反応を確認する方法もありますので、施術前に美容師さんに心配を全て伝えましょう♪

植物の香りがする

香りは好みが分かれると思うのですが、抹茶のような香りが苦手な方は難しいかもしれません。

大体1週間ほど髪から香ります。

色素がタオルに付着する

科学成分ではない天然の物ですので都合よくできておりません、、。

色素が髪に残ってくれやすいのですが、1週間くらいお風呂上がりに髪をタオルで拭くとタオルに色が付着してしまい、洗っても取れづらい場合があります。

髪がバサバサになったと感じる場合がある

先程、髪がアルカリ性を酸性に傾けてくれる話をしましたが、酸性に傾きすぎてしまうと髪は収斂していきます。全体的に収斂が進んだ髪は髪が「ギシギシ」「バサバサ」になり「髪が傷んだ」と感じる方もいます。

これは傷んでいるわけではありませんが、質感にストレスを感じるケースも見受けていて『ヘナショック』と呼んでいる方もいるようです。

本来『ヘナショック』というものはないので、ヘナの種類、施術方法、髪質などを見極めて施術することが非常に大切です。

染まりが悪くなる場合がある

今まで染まりがよくても、『使用している商品』『施術履歴』によっていきなり染まりが悪くなる場合もあります。

セルフカラーが難しい

ネットで情報を得てセルフでヘナをされている方もいるのですが、『塗布量』『放置時間』によって染まりにムラがあったり、手触りが悪くなっている方も多く見受けています、、( ; ; )

傷んでいるわけではないのですが、手触りが悪くなり引っかかりが増えて切れ毛が多くでてしまっている方もいたのですが、悪化してしまっては本末転倒ですよね、、!

できれば美容師さんに任せることが確実です。

 

メリットとデメリットは沢山あるので、一緒に相談しながら決めていきましょう♪

この記事を書いている人 - WRITER -
サトウ ヨウスケ
美容学生時代からプロも参加するコンテストで受賞多数。就職後は海外のヘアショーやカットスクールに参加し、最短スタイリストデビューを記録。また美容学校の外部講師も経験。現在は国内外から通われる多くのお客様の「髪を綺麗にしたい。」という願いを叶えるため、独自の髪質に合わせた技術とヘアケアを提案しサポートをさせていただいおります。また美容師ができるヘアセットではなく、お客様自身が実際に再現可能なヘアスタイルをお勧めし、その人に合わせたヘアセット方法も提案。ライフスタイルに合わせた365日ベストなヘアスタイルをお客様と一緒に創っていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 美髪プランナーぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.