Blog

Blog

ブログ一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ヘアケア
  4. 前髪の縮毛矯正のメリットと失敗しないためのポイント

前髪の縮毛矯正のメリットと失敗しないためのポイント

「前髪のうねりだけなんとかしたい・・・」
「縮毛矯正を前髪だけってできないの?」

お客様の中には前髪のくせ毛にお悩みで、部分的な縮毛矯正を希望される方もいらっしゃいます。
結論から言うと前髪だけの縮毛矯正は可能です。

しかし、よく知らないでやると失敗する恐れがあるので、今回は前髪縮毛矯正のポイントを紹介します。

LINE登録

恵比寿の美髪特化美容師サトウヨウスケです。
お客様の髪を綺麗にすることに特化して、美しい髪を育むための施術とアドバイスを行っています。自信をもって美しい髪を手に入れていただけるよう精一杯努めます。

前髪縮毛矯正がおすすめな人

前髪縮毛矯正がおすすめな人
前髪縮毛矯正とは、前髪にだけ縮毛矯正をかけてストレートにさせる施術です。
前髪だけ行うので、手ごろな価格帯かつ短い施術時間で完了します。
僕が前髪縮毛矯正をおすすめするのは以下のような方です。

・前髪を作っている人
・前髪のうねりやクセが強い人
・アイロンをかけている人

前髪が長めの方だとサイドとの違いが出やすいので、個人的にはおすすめしていません。
また、前髪だけうねりやクセが強い方も前髪縮毛矯正によって、セットがしやすくなる傾向にあります。

前髪のうねりやクセを伸ばすのにアイロンをかけている方にとっても前髪縮毛矯正はメリットが大きいです。

一度前髪縮毛矯正をするとアイロンをする時間が極端に少なくなるので、日々の髪へのダメージ軽減にも有効です。

ただし失敗することも…

全体に縮毛矯正をするのとは異なり、前髪のみ施術になると相当の技術が必要になります。
くせの見極めやサイドとのバランスによって、適切な処置を行わなくてはならないからです。

前髪縮毛矯正の失敗事例で多いのは、髪がシャキーンと真っ直ぐになりすぎてしまう、あるいはぺったんこになってしまうケースです。
これは、縮毛矯正の薬剤が強すぎるおよび浸透させる時間が長すぎた点が原因にあげられます。

縮毛矯正は技術が必要なので、しっかりと知識と経験がある美容師に依頼しないと、かえってセットしにくい髪型になる可能性が高いでしょう。
ましてや自分で縮毛矯正を行うなら、なおさら慎重にならなくてはいけません。

前髪縮毛矯正を失敗しないための美容室選び

前髪縮毛矯正を失敗しないための美容室選び
正直なところ、前髪縮毛矯正を自分で行うのはおすすめできません。
失敗しないためには必ず知識や技術に信頼できる美容室で施術してもらうべきです。
ここでは、前髪縮毛矯正を失敗しないために、どのような美容室に足を運ぶべきなのかを紹介します。

丁寧なヒアリングを行ってくれる

1番重要なのが、美容室や美容師がヒアリングを行ってくれるかどうかです。
人によって髪質やどのようなヘアスタイルにしたいのかは違うので、ヒアリングによってイメージを共有しなくてはいけません。

前髪縮毛矯正をやりたいという要望だけ聞いて施術を行う美容室・美容師の場合は注意が必要です。
必ずあなたの現在の髪質や状況を含めて、丁寧なヒアリングを実施してくれるかを見極めましょう。

縮毛矯正に応じて前髪をカットしてくれる

前髪にクセやうねりがある場合、縮毛矯正をすると多少の伸びがあります。
そのため、縮毛矯正に応じて前髪をカットして、自身の想像しているヘアスタイルにしてくれるかも美容室選びで重要な部分です。

回転率を重視する美容室の場合には、前髪縮毛矯正のみやカットに差が出てくるでしょう。
前髪がストレートになったのはいいが、ヘアスタイルに違和感がある、という事態になりかねないので注意しましょう。

個人の髪質に合わせた薬剤を用意してくれる

前述したように、薬剤が強すぎると縮毛矯正が効きすぎてしまい、不自然なストレートになるケースもあります。
そのため、個人の髪質に合わせて薬剤を用意してくれる美容室のほうがいいでしょう。

個人の髪質に合わせて薬剤を用意してくれるかは、縮毛矯正の料金である程度判断可能です。
あまりに安すぎる料金体系は、薬剤の種類が少ない可能性があるので期待できません。

安く縮毛矯正をしたい気持ちはわかりますが、自分の髪について考えるなら、相場料金で提供している美容室のほうが安心でしょう。

前髪縮毛矯正の特徴とメリット

前髪縮毛矯正の特徴とメリット
前髪縮毛矯正の特徴とメリットは以下の通りです。

・髪全体のダメージを最小限に抑える
・費用を抑えられる
・ツヤ・手触りがよくなる
・スタイリング時間の短縮

まず、前髪に縮毛矯正をするので、全体に行うよりも髪へのダメージは抑えられます。
一部分の縮毛矯正になるため、当然費用は安くなる点がメリットです。
クセやうねりがなくなる分、ツヤや手触りもよくなるでしょう。
なにより、スタイリング時間の短縮は、多くの方にメリットとなります。

縮毛矯正をしない場合は、前髪のうねりやクセを抑えるためにアイロンをして整髪料で固める作業が必要です。そうなるとスタイリングに時間がかかってしまい、忙しい方は満足のいく髪型に仕上げられない可能性もあるでしょう。

しかし、前髪縮毛矯正をしておけば、うねりやクセを抑える時間が解消され、大幅な時間短縮に期待できます。

前髪縮毛矯正のデメリットと注意点

前髪縮毛矯正のデメリットと注意点
前髪縮毛矯正にはデメリットも存在します。

・カラーリングやパーマと同時は髪の負担が大きい
・ダメージヘアは要注意
・理想の長さを決めておくこと

前髪縮毛矯正と同時にカラーリングやパーマを行うのは、髪への負担が大きくなるため基本的に避けるべきです。
もし、同時に行いたい場合は必ず美容師に相談しましょう。

また、すでにダメージを受けている髪の毛に、前髪縮毛矯正を行うときも負担を考えなくてはいけません。
縮毛矯正したはいいが枝毛や切れ毛、髪のパサつきが目立ってしまうともったいないです。

よく前髪を自分でカットしている方を見かけますが、前髪縮毛矯正をする際は美容師に任せてほしい部分です。
やはり髪のデザインをするプロに任せたほうが、縮毛矯正後の仕上がりもよくなります。

そのためには、薬剤塗布前に前髪の長さを決めておくのがいいでしょう。
理想の前髪の長さを決めておかないと、どのくらいの強さ・時間で薬剤を浸透させるのかがわかりにくくなります。

そうなると、自分の想像していたヘアスタイルと異なってしまう可能性もあるので注意してください。

前髪縮毛矯正に関するよくある質問

前髪縮毛矯正に関する基礎知識
前髪縮毛矯正に関して、覚えておくべき基礎知識についてまとめました。
ぜひ、ここで知識をつけて、安心して前髪縮毛矯正を受けられるようにしておきましょう。

前髪縮毛矯正の頻度・ペースはどれくらい?

前髪縮毛矯正は、およそ2ヶ月〜3ヶ月ぐらいに1回のペースがいいでしょう。
髪の毛は1日に0.4ミリ、1ヶ月でおよそ1センチほど伸びるため、根元のクセがある場合は1ヶ月でうねりが出てくる可能性もあります。

しかし、毎月前髪縮毛矯正を行うと髪へのダメージが蓄積され、ツヤや手触りが悪くかえってスタイリングのしにくい髪の毛になるかもしれません。
そのため、2ヶ月〜3ヶ月が適切な縮毛矯正頻度といえるでしょう。

前髪縮毛矯正の施術時間は?

前髪縮毛矯正の施術時間はおよそ1時間〜2時間ほどです。
矯正に1時間、前髪カットに30分〜1時間と考えましょう。
髪全体を縮毛矯正をする場合は2〜3時間かかるケースも珍しくないため、比べると前髪のみ縮毛矯正するほうが早く済みます。

前髪縮毛矯正の料金はいくらが相場?

美容室によっても異なりますが、前髪縮毛矯正の料金相場はおよそ5,000〜8,000円です。
そのほか、割引やキャンペーンを併用するともっと安く利用できる場合もあります。

ヘアピンはいつから使っていいの?

理想は施術後48時間が過ぎるまではヘアピンをつけないで我慢していただくのがいいでしょう。
もしより長持ちさせたいなら、1週間ほど様子を見ておくと、髪の形が安定しやすくなります。

セルフで前髪縮毛矯正は可能?

可能ではあるもののおすすめはしません。
理由としては、薬剤によって強さや浸透させる時間が異なり、髪質によっても柔軟に変えていかなければならないからです。

縮毛矯正は技術を必要とするので、理想のヘアスタイルに仕上げるなら髪の毛のプロである美容師に頼みましょう。

縮毛矯正後に前髪をふんわりさせるにはどうすればいいの?

前髪の縮毛矯正後は、ヘアアイロンやカーラー、コテを活用すればふんわり仕上げられます。
前髪縮毛矯正をすると髪がまっすぐになるので、プロの美容師といえどふんわり仕上げるのは限界があるでしょう。

そのため、ふんわりした前髪を作る場合は、ヘアアイロンなどを用いてご自身でスタイリングするものと考えてください。

前髪縮毛矯正を失敗しないための美容室選び

前髪縮毛矯正を失敗しないための美容室選び
正直なところ、前髪縮毛矯正を自分で行うのはおすすめできません。
失敗しないためには必ず知識や技術に信頼できる美容室で施術してもらうべきです。
ここでは、前髪縮毛矯正を失敗しないために、どのような美容室に足を運ぶべきなのかを紹介します。

丁寧なヒアリングを行ってくれる

1番重要なのが、美容室や美容師がヒアリングを行ってくれるかどうかです。
人によって髪質やどのようなヘアスタイルにしたいのかは違うので、ヒアリングによってイメージを共有しなくてはいけません。

前髪縮毛矯正をやりたいという要望だけ聞いて施術を行う美容室・美容師の場合は注意が必要です。
必ずあなたの現在の髪質や状況を含めて、丁寧なヒアリングを実施してくれるかを見極めましょう。

縮毛矯正に応じて前髪をカットしてくれる

前髪にクセやうねりがある場合、縮毛矯正をすると多少の伸びがあります。
そのため、縮毛矯正に応じて前髪をカットして、自身の想像しているヘアスタイルにしてくれるかも美容室選びで重要な部分です。

回転率を重視する美容室の場合には、前髪縮毛矯正のみやカットに差が出てくるでしょう。
前髪がストレートになったのはいいが、ヘアスタイルに違和感がある、という事態になりかねないので注意しましょう。

個人の髪質に合わせた薬剤を用意してくれる

前述したように、薬剤が強すぎると縮毛矯正が効きすぎてしまい、不自然なストレートになるケースもあります。
そのため、個人の髪質に合わせて薬剤を用意してくれる美容室のほうがいいでしょう。

個人の髪質に合わせて薬剤を用意してくれるかは、縮毛矯正の料金である程度判断可能です。
あまりに安すぎる料金体系は、薬剤の種類が少ない可能性があるので期待できません。

安く縮毛矯正をしたい気持ちはわかりますが、自分の髪について考えるなら、相場料金で提供している美容室のほうが安心でしょう。

前髪縮毛矯正で綺麗な髪に

前髪縮毛矯正で綺麗な髪に
今回は前髪縮毛矯正で理想の前髪を手に入れるためのポイントについて解説しました。
前髪だけうねりやクセが気になる方は、費用を抑えられ、施術時間も比較的早く済む前髪縮毛矯正がおすすめです。

とはいえ、前髪縮毛矯正はサイドとのバランスが必要なので、美容師の技術と知識が必要になります。
もし、前髪縮毛矯正に関して悩みがある、あるいは信頼できる美容師をお探しであれば、一度下記のLINEにご相談ください。

理想の前髪を手に入れて、素敵な自分を作り上げていきましょう。

LINE登録

 

この記事を監修した美容師
美髪特化美容師 サトウ ヨウスケ
美髪特化美容師
サトウ ヨウスケ

シェアサロンオーナー
学生時代からプロも参加するコンテストで多数の受賞を経験。
海外のヘアショーやカットスクールに参加し、
最短スタイリストデビューを実現。
美容学校の外部講師も経験している。

シェアサロンオーナー
学生時代からプロも参加するコンテストで多数の受賞を経験。
海外のヘアショーやカットスクールに参加し、
最短スタイリストデビューを実現。
美容学校の外部講師も経験している。

 

関連記事