営業時間10時〜19時 火曜日定休日

『髪質改善、トリートメント、縮毛矯正』髪を綺麗にする技術に特化した美容師が贈る〜美髪情報ウェブメディア〜

恵比寿の【髪を綺麗にする専門家】美髪プランナーのサトウヨウスケです

サトウ

恵比寿の【髪を綺麗にする専門家】美髪プランナーのサトウヨウスケです

サトウ

ヘアカタログを参考にすると失敗しやすい理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サトウ ヨウスケ
美容学生時代からプロも参加するコンテストで受賞多数。就職後は海外のヘアショーやカットスクールに参加し、最短スタイリストデビューを記録。また美容学校の外部講師も経験。現在は国内外から通われる多くのお客様の「髪を綺麗にしたい。」という願いを叶えるため、独自の髪質に合わせた技術とヘアケアを提案しサポートをさせていただいおります。また美容師ができるヘアセットではなく、お客様自身が実際に再現可能なヘアスタイルをお勧めし、その人に合わせたヘアセット方法も提案。ライフスタイルに合わせた365日ベストなヘアスタイルをお客様と一緒に創っていきます。

自分に合うヘアスタイルを見つけたい。

そんな時どうやって探していますか。

『ヘアカタログの本』『SNS』

今ではネット検索が多いですかね。

これまで多くの方をカウンセリングしてきた事を踏まえ、ヘアカタログの正しい見方を改めて見直してみましょう。

僕はヘアカタログを使わない

美容師として髪を切らせてもらえるようになった頃、必ずヘアカタログを使ってカウンセリングをしていたのですが今は使っておりません

理由はヘアカタログを見るときって、多くの方がモデルさんの顔を見ているからです。

そのモデルさんの『お顔立ち』『雰囲気』『テーマ』に沿ってデザインされているので、『髪質』『お顔のタイプ』が違うと施術後には「イメージと違った。」となってしまいがちでした。

その② 美容師テクニックてんこ盛り

まずスタイル写真を撮る側の視点で考えてみましょう。

『撮影』をする時に大切なのは、ネット検索もすれば出てきますが『モデルさん選び』。

先程もあった通り、読者はヘアスタイルよりモデルさんのお顔を見ている傾向が非常に高いので、より美しいモデルさんを撮らせてもらえると反響を得る事ができます。

再現できないスタイリング

ヘアスタイルにもよりますが、美容師が本気でアイロンやテクニックを使ったヘアスタイルを自分で再現するって相当難易度が高い。

撮影用のメイクとスタイリング

写真を撮るとリアルより躍動感が無くなる傾向があります。より誇張した髪の動きと濃いメイクの方が写真映えするなど、写真用のヘアスタイリングとメイクがあります。

ヘアカラーの色が加工されている

加工されている写真も多く、実際に再現する事が難しい場合があります。

パーマじゃなくてアイロン

もうご存知の方が多いですよね泣

パーマのヘアカタログを見て「これにしたい!」と思って注文すると、「これアイロンです」と。。

パーマはロットに巻きつけて動きを作るので、ある程度動きのレパートリーが決まっています。アイロンはテクニック次第で無限に動きのバリエーションを決められますのでクオリティは高い。という事はパーマでの動きには限界がありますので、パーマだけでは出せない『動き』もあるのです。

では、なぜ載せているのか?と疑問をもちますよね。。

きっと「動きのあるヘアスタイルは素敵ですよ。」という意味だと思います。。。

できたらデザインされた方に「これはパーマでできますか?」と聞いてみるのがベストです。

本当にパーマされている方もいるので、その美容師さんは自信をもって「できますよ♪」と答えてくれるはずです^ ^

現状のヘアカタログの使い方

以上の事を踏まえると誤解が招く可能性が非常に高いと判断したので「僕はヘアカタログを使わない。」という選択に至りました。

じゃあ「ヘアカタログはどう使うの??」となりますが、

基本的には、

『自分はどんな髪が好きかを知る』

『流行を知る』

自分で再現できるかはおいておき、好きなデザインは見ていて楽しいと思いますし、美意識が高まりますよね♪

 

そして初めて担当してもらう美容師さんに『自分の好み』を伝えられる。

好みの意思疎通する近道だと思いますし、再現するためもデメリットも教えてもらい、そこからできるだけ近いヘアスタイルを目指す事は可能です!

お勧めは『リアル』&『ネット』

難しくても憧れのモデルさんを真似するのもアリだと思っていますが、『自分に合う最高の髪を見つけたい。』と思う場合、僕のお勧めは

【モデルさんでない一般の方を参考にする事】

【できるだけ年齢、髪質が似た人を参考にする】

【加工されてない写真を参考にする】

できるだけ自分に似てる一般の方を参考にする

モデルさんは魅せ方のプロですし、加工されていて足が長くなっていたり髪色が異常にキレイだったりします。

リアルから遠ざかった分だけイメージと違ってきてしまうので、できるだけ髪質が近い一般の方を参考にされた方が良いと思います。

一般の方が沢山写っている

『インスタグラム』『ブログ』

ここで探されるのが一番良いと思います。

『自分を知る』ことが大切

『似合う』の定義って難しくて、そもそも長い髪が好きな人は何があっても長い髪が良いと言うし、好みも『かわいい女性』『カッコいい女性』と異なりますよね。

 

『似合う髪を見つける』のに大切なのは、

まずは『自分を知ること』だと思います。

 

自分は何が好きか。

自分は他の人からどう思われているか。

自分の顔パーツ、骨格。

 

求めること、正解は人それぞれ違いますし色んなことを試して楽しむのも素敵だし、気に入った髪を貫くのも素敵だと思います。

自分が良いと思えたら全部正解なのではないかと思っていますので、迷ったり相談がありましたら気軽に申しつけください♪

この記事を書いている人 - WRITER -
サトウ ヨウスケ
美容学生時代からプロも参加するコンテストで受賞多数。就職後は海外のヘアショーやカットスクールに参加し、最短スタイリストデビューを記録。また美容学校の外部講師も経験。現在は国内外から通われる多くのお客様の「髪を綺麗にしたい。」という願いを叶えるため、独自の髪質に合わせた技術とヘアケアを提案しサポートをさせていただいおります。また美容師ができるヘアセットではなく、お客様自身が実際に再現可能なヘアスタイルをお勧めし、その人に合わせたヘアセット方法も提案。ライフスタイルに合わせた365日ベストなヘアスタイルをお客様と一緒に創っていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 美髪プランナーぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.