Blog

Blog

ブログ一覧

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ヘアケア
  4. 酸性ストレートは髪質改善に効果があるのか?メリット・縮毛矯正との違いを解説

酸性ストレートは髪質改善に効果があるのか?メリット・縮毛矯正との違いを解説

「酸性ストレートって本当に髪が真っ直ぐになるの?」
「酸性ストレートをしてもクセが直らなかった」

最近では髪の毛をできるだけ傷めない縮毛矯正の1つに酸性ストレートという言葉を耳にするようになりました。
しかし、中には酸性ストレートの効果があるのか疑問に感じている方や、実際に施術してもらったのにうまくクセが直らなかった方もいるでしょう。

そこで今回は、酸性ストレートについて、特徴や耐熱トリートメントの違いも含めて解説します。

LINE登録

恵比寿の美髪特化美容師サトウヨウスケです。
お客様の髪を綺麗にすることに特化して、美しい髪を育むための施術とアドバイスを行っています。自信をもって美しい髪を手に入れていただけるよう精一杯努めます。

酸性ストレートとは?

酸性ストレートとは?
そもそも酸性ストレートをご存知ない方のために簡単に説明しますね。
酸性ストレートとは、本来縮毛矯正に使う薬剤のpHがアルカリ性なところを酸性の薬剤を用いて施術する方法です。

髪の毛は弱酸性で構成されているため、アルカリ性の薬剤よりもダメージレスで髪に優しいのが特徴にあります。
縮毛矯正をすると髪の毛が真っ直ぐになるものの、ダメージがひどくてすぐにパサついてしまう経験をした方もいるでしょう。

そのような方にとって美髪をキープする上でおすすめできる縮毛矯正法が酸性ストレートといえます。

酸性ストレートと耐熱トリートメントとの違いとは?

縮毛矯正を考えている方の中には、酸性ストレートと耐熱トリートメントは一緒なものと捉えている方がいます。
結論からいうと、酸性ストレートと耐熱トリートメントは全くの別物です。

わかりやすくいうなら、以下のような違いがあります。

・酸性の薬剤を用いて縮毛矯正を行うのが酸性ストレート
・ダメージを補修してクセを軽減させるのが耐熱トリートメント

酸性ストレートでは髪へのダメージを軽減できますが、補修する力はありません。
一方、耐熱トリートメントは、髪内部のダメージホールを埋めて指通りをよくする、あるいは水を弾いてハリをアップさせる作用が期待できます。

よく酸性ストレートと耐熱トリートメントは混同されがちなので、勘違いしないように覚えておきましょう。

酸性ストレートで期待できる髪質改善

酸性ストレートで期待できる髪質改善
酸性ストレートについての簡単な特徴や向いている人について解説しました。
ここでは、酸性ストレートのもう少し踏み込んだ特徴とメリットについて見ていきましょう。

ダメージを抑えられる

酸性ストレートの大きな特徴でありメリットでもあるのが、縮毛矯正によって起こる髪へのダメージを抑えられる点です。
アルカリ剤の膨潤・軟化は髪の毛に大きく負担をかけるため、ストレートになるとはいえダメージが蓄積されます。

人によってはケアを怠ってしまうとすぐに髪の毛がパサつき・ゴワつきが起こり、美髪とは程遠くなってしまうでしょう。
そこで、アルカリ縮毛矯正を行うよりも負担がかからない酸性ストレートを選択し、髪への負担を抑えるのがおすすめなのです。

髪の毛は死んだ細胞でできている以上、再生することはありません。
だからこそ、ダメージをできるだけ与えないようにするのが、美髪や髪質改善への近道といえます。

パーマやコテもできる

酸性トリートメントはダメージが少ないからこそ、パーマやコテを使っておしゃれがしやすいのもメリットです。
アルカリ縮毛矯正を行うと髪への負担が大きいため、パーマやコテの使用は控えるように言われるはずです。

しかし、酸性トリートメントではパーマ・コテができるので、ストレートヘアをベースにしてスタイルにアクセントを加えることができます。

ヘアデザインの幅が広がる

縮毛矯正をすると派手なカラーができないと言われた方もいるかもしれません。
そのため、ストレートヘアにするか、好きなカラー・パーマにするか、どちらかを選ばなくてはいけないとされていました。

しかし、髪へのダメージが抑えられた酸性ストレートなら、髪の色もほぼ自由に選べ、加えてパーマもできるのでデザインの幅が広がります。
よほどのハイダメージなら入れられない可能性もあるものの、これまでのような決まったヘアスタイルしかできないということはなくなるでしょう。

自然なストレートヘアに

向いている人の項でも触れましたが、酸性ストレートはアルカリ縮毛矯正よりも自然なストレートヘアに仕上がります。
これまで縮毛矯正すると不自然になってしまった方にこそ、酸性ストレートの仕上がりはメリットに感じるでしょう。

酸性ストレートの注意点

酸性ストレートのデメリット
これまで酸性ストレートのメリットについて触れてきましたが、もちろんデメリットも存在します。
では、酸性ストレートはどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

従来の縮毛矯正より時間がかかる

酸性ストレートは従来の縮毛矯正よりも時間がかかってしまいます。
髪に優しい薬剤を使用する分、浸透時間を長く設けなくてはいけません。
アミノ酸シャンプーも洗浄力が弱い分、丁寧に洗い・すすぎを行うのと一緒ですね。

アルカリ縮毛矯正の場合は大体3時間ほどかかりますが、酸性ストレートの場合には3時間半〜4時間かかります。
日頃忙しくなかなかまとまった時間が取れない方にとっては、酸性ストレートの施術時間はネックになるでしょう。

美容師さんの高いスキルが必要

酸性ストレートを施術するには、美容師さんの高いスキルが必要です。
アルカリ縮毛矯正よりも効き目が抑えられている分、時間をかけて薬剤を馴染ませながら、くせ毛を伸ばしていかなくてはいけません。

美容師さんの技術が未熟だと、くせ毛が伸びきっていない状態で薬剤浸透をやめてしまうケースもあり、見極めが仕上がりに直結すると考えていいでしょう。
そのため、酸性ストレートの技術・実績の豊富な美容室を選ばなくてはいけない点もデメリットといえます。

酸性ストレートが向いている人

酸性ストレートが向いている人
酸性ストレートはどのような方に向いているのか、自身が該当するのか知りたい方もいるかもしれません。
ここでは、酸性ストレートをすべき人・向いている人についてご紹介します。

髪が傷みやすい人

元から髪が傷みやすい人にとっては、酸性ストレートによる縮毛矯正は一定の効果が期待できます。
縮毛矯正はどうしても髪の毛に負担をかけてしまうものですから、なるべくダメージを抑えられる酸性ストレートは傷みやすい人に有効です。

ダメージを抑えたい

髪が傷みやすい、あるいはすでに負担がかかっているため、なるべくダメージを抑えたいという方にも酸性ストレートは適しています。
普段から縮毛矯正だけでなく、高頻度なカラー・パーマをしていると髪へのダメージが蓄積されてパサつきやゴワつきが起こりやすくなります。

上記のような方は、なるべくダメージを抑える施術をすべきなので、負担の大きいアルカリ剤ではなく酸性の薬剤を使用した縮毛矯正がおすすめなのです。

自然なストレートヘアにしたい

アルカリ性の縮毛矯正をすると、どうしても真っ直ぐになりすぎて不自然になるのが嫌だという人も酸性ストレートが有効と言われています。
自然なストレートヘアにしたい場合、酸性・アルカリ性に関係なく美容師の技術に影響する部分が大きいです。

しかし、酸性ストレートヘアのほうが優しく髪を縮毛矯正するので、自然な仕上がりに近くなります。

酸性ストレートの頻度や値段、施術時間について

酸性ストレートの頻度や値段、施術時間について
酸性ストレートは髪への負担が少ないとはいえど、最適な頻度で施術するのがいいでしょう。
髪の長さによって最適な頻度は異なり、

・ショートヘア:2〜4ヶ月
・ミディアムヘア:3〜5ヶ月
・ロングヘア:4〜6ヶ月

おおよそ以上の期間が目安です。
また、施術時間についても髪の長さに左右されますが、大体3時間半〜4時間ほどだと考えておくといいでしょう。
気になる料金についてですが、平均ずると約1万円〜3万円ほどです。
アルカリ縮毛矯正よりも時間的・金銭的コストが高くなるので、予算をしっかりと抑えておきましょう。

ダメージを抑えて自然な髪へ

ダメージを抑えて自然な髪へ
今回は酸性ストレートヘアについて特徴や耐熱トリートメントの違いとともに解説しました。
髪への負担が少ないからこそ、ダメージが気になる方の縮毛矯正手段として酸性ストレートはおすすめです。
しかし、美容師の技術が必要になるので、信頼できる美容室で酸性ストレートを施術してほしいということであれば、ぜひ1度以下のLINEにご相談ください。
酸性ストレートを用いて素敵な艶髪を手に入れていきましょう。

LINE登録

 

この記事を監修した美容師
美髪特化美容師 サトウ ヨウスケ
美髪特化美容師
サトウ ヨウスケ

シェアサロンオーナー
学生時代からプロも参加するコンテストで多数の受賞を経験。
海外のヘアショーやカットスクールに参加し、
最短スタイリストデビューを実現。
美容学校の外部講師も経験している。

シェアサロンオーナー
学生時代からプロも参加するコンテストで多数の受賞を経験。
海外のヘアショーやカットスクールに参加し、
最短スタイリストデビューを実現。
美容学校の外部講師も経験している。

 

関連記事